組織活性HOME

社員のやる気を高め、組織をイキイキと活性化!

CCS(コーポレートチャーム・サーベイ)

コーポレートチャームサーベイとは

Corporate Charm Survey(以下、CCS)は、「働く人の満足度合いから企業の健全度を測定しようとするもの」です。働く人の満足は、その欲求が満足されたときに向上します。その意味では、CCSは働く人をそのニーズ充足へ導くプロセスや機能(モチベーション)をテーマとした調査といえます。

Corporate Charm Survey(以下、CCS)

会社・職場・仕事内容の魅力などを定量的に把握した上で、各種広告媒体で訴求するメッセージやキーワード、コンセプトをさまざまな視点から「自社らしさ」を浮かび上がらせ、それを広告上で展開することで、自社に合った人材の募集や動機付け、合わない人材のセルフスクリーニングなどを狙いとしています。

CCS(コーポレートチャーム・サーベイ) 中四国エリアで60社以上の実績

この3年間で中四国エリアの企業様60社以上の多くの企業様にご活用いただいています。
①毎年の事業経営計画策定のための現状分析・基礎データとして
②2〜3年毎に「組織活性度の定期健康診断」として
③強み・課題抽出明確化と課題改善により、社員のモチベーションUPおよび優秀な人材の定着化として

サーベイの実施

アンケート用紙

働くこと全般において「重要と考えること」と会社への「現状認識」のギャップを把握するために、
アンケート調査を行います。

アンケート用紙

質問項目

  • 仕事について

  • 仕事の仕方
  • 必要な能力
  • 人との関わり
  • 成果
  • 評価
  • キャリア形成
  • 職場について

  • 雰囲気
  • 相互配慮・尊重
  • 相互成長
  • 成長支援
  • マネジメント
  • 会社について

  • 経営層への信頼
  • ビジョン・方針
  • 人事施策・環境
  • 会社基盤


質問数

  • 選択回答102問(選択肢5つより1つを選択)
  • フリー回答3問

報告書

報告書

  • 基本報告書

  • 全体集計表/詳細集計表
  • コーポレート・チャーム(仕事/職場/会社)
  • 入社満足度(職種/年齢)
  • フリー記述回答


  • 1:全体集計表/詳細集計表

    従業員が働く上での「現状」と何をどの程度「重要」とおいているかが「仕事」「職場」「会社」ごとに比較できます。
    従業員が働く上での「現状」と何をどの程度「重要」とおいているかが「仕事」「職場」「会社」ごとに比較できます。

  • 2:コーポレート・チャーム

    従業員が会社の魅力と認識している項目=「コーポレート・チャーム」と、会社として検討しておきたい項目を「仕事」「職場」「会社」ごとに把握できます。
    従業員が会社の魅力と認識している項目=「コーポレート・チャーム」と、会社として検討しておきたい項目を「仕事」「職場」「会社」ごとに把握できます。

  • 3:入社満足度/フリー記述

    従業員が回答した入社満足度を「職種」「年齢」ごとに比較できます。
    また、記述式設問で記入いただいた回答を一覧でご報告します。
    従業員が回答した入社満足度を「職種」「年齢」ごとに比較できます。  また、記述式設問で記入いただいた回答を一覧でご報告します。

 

CCSの2つの活用展開

1.採用広報物への展開

採用広報における訴求ポイントの選定

CCSを活用することにより、自社の特性と、学生認知、内定者認知のギャップや、ターゲット企業の特徴などを参考に、訴求ポイントを戦略的に設定し、広報によるミスマッチを減らします。

2.リクルータ育成や説明会への展開

人による訴求ポイントの選定と強化

「リクルータトレーニング」や「体感型セミナー」を併用することで、入社動機形成UP、選考辞退・内定辞退防止効果が可能になります。

  • 展開例

  • 広報媒体(ネット媒体・紙媒体・求人票 など)
  • エントリー者や説明会参加者、選考会参加者へのアプローチ文章
  • 採用ツール(入社案内・HP・ビデオなど)
  • 説明会内容
  • リクルータトレーニング

申し込みから分析報告までの流れ

申し込みから分析報告までの流れ
Page Top